自動車買取高額

自動車買取高額

ここから自動車無料査定登録開始できます!

                                  メーカー名を選択して「次のステップへ」

                                  ボタンをクリック! ↓↓↓↓↓↓↓



自動車買取の背景

環境問題(大気汚染、二酸化炭素の増加による地球温暖化現象など)
大型トラックやバスなどのディーゼルエンジンから出る排気ガス(窒素酸化物、黒煙、硫黄酸化物など)により大気汚染が進行している - ディーゼル規制の実施、都心への乗り入れの規制(ロードプライシング = ある地域への乗り入れに料金を課す)、貨物列車などへのモーダルシフトの推進など
二酸化炭素の増加による温暖現象 - 燃費規制、大型車対策のほか、ハイブリッド車、燃料電池車の開発など

廃車問題 - 中古車の下取り買取金額の低下、引き取り金額の請求(俗に逆有償などと呼ばれる)などにともない、古くなった自動車のごみとして乗り捨てが発生している。自動車部品のリサイクルを促進するために2005年より自動車リサイクル法が導入された。=>自動車買取高額
2003年現在、LCA(ライフサイクルアセスメント = 製品やサービスの寿命までの間のエネルギー消費の評価手法)では、電気自動車よりハイブリッドカーが良いとされているが、将来は燃料電池車が良くなると考えられている。ただし、誤解されがちであるのだが、現行の燃料電池車も燃料電池とモーターのハイブリッド駆動を行っているので、広義的にはハイブリッド車は燃料電池車も含むこととなる。
交通事故の問題 - 運転中の携帯電話・PHS・カーナビ・車載テレビ等の使用や注視の禁止、大型トラックへの90km/hリミッター義務付け、飲酒運転取締りの強化など

路上駐車等運転者の交通ルール意識低下・無関心 「罰金払えばいいんだろう」的開き直りドライバー増加に伴う交通警察の交通安全と関係ない集金ビジネス的無意味かつ不当な交通取締
自動車利用の商業施設の増加による中心街の衰退 - ドーナツ化現象
暴走族による騒音や危険運転等の問題
自家用車の発達(モータリゼーション)による公共交通機関の衰退、それに伴う交通弱者の増加




自動車とは

自動車(じどうしゃ、英:automobile/car)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条(軌道)や架線によらないで走行する車両のこと。

人や荷物を運搬するために使用されることが多い道具・機械であり、道路交通法など各種法令上、原付以外の二輪車も自動車に含まれる。

ガソリンなどの燃料をエンジンの内部で燃焼し動力源とする(電気自動車など、燃料を使用しない例外もあるが)。動力はエンジンのクランクシャフトと呼ばれる軸の回転として出力され、この回転をクラッチ、トランスミッション、デファレンシャルギア等の制御装置と、それらを連結する各種シャフト(プロペラシャフト、ドライブシャフト等)を経て伝達し最終的にタイヤを回転させ、地面との摩擦力を用い推進力とする。駆動輪の数により、2輪駆動、4輪駆動がある。

前進、後退、速度域の制御はトランスミッションが行い、シフトレバーによって手動操作するものをマニュアルトランスミッション(MT)、自動制御装置によって操作するものをオートマチックトランスミッション(AT)と呼ぶ。マニュアルトランスミッション(MT)の構造を用いクラッチ操作及びシフトレバーを自動制御するセミオートマチックトランスミッション(セミAT)もある。減速機構の組み合わせを4ないし6パターン持つことが一般的だが、CVT(Contiuns Variable Transmission)と呼ばれる無段階変速機構を持つクルマも増えてきた。

推進力(回転)のOFF/ONはクラッチが行い、クラッチペダル等の操作部を操って手動操作するものをマニュアル・クラッチ、あるいは単にクラッチと呼ぶ。手動操作を伴わないクラッチをオートマチック(AT)、ノークラ、あるいはよく使用される自動クラッチ機構の名称を取ってトルコンなどと呼ばれる。 推進方向の制御は、タイヤの向きを変更する事で行う、向きを変える機構をステアリング(システム)と称し、ステアリングを操作する操作部をステアリング・ホイール、またはハンドルと呼ぶ。

速度を落とす、停止する等の制御はブレーキが行う。ブレーキはペダル等の操作部に加えられる人力を油圧、吸気圧などで増幅して摩擦材を回転部分に押しつけ、回転自動車の速度を熱に変換してスピードを落とす。

近代的な自動車には、この他に安全性を高めるライト類、ABS、シートベルト、エアバッグ等の装備、環境性を高めるマフラー、触媒、排気フィルタ等の装備。推進力を確実に確保する四輪駆動、トラクションコントロール等の装備、快適性を高めるエアコン、ナビゲーションシステム、ETCなどの装備、以上を始めとする多彩な装備が搭載されている。

部品はボンネットを開けると色々見える。エンジンやバッテリーが搭載されており、制御回路と共にライトなどが搭載されている。燃料タンクは車両後部にあることが多い。もしこれが車両前方にあるとエンジンの発熱で引火するからである。

内燃機関と呼ばれるエンジンは、エンジンオイルが注入されており、電気モーターと内燃機関を併用するハイブリッドエンジン、ディーゼルサイクルを使うディーゼルエンジン、レシプロエンジンが一般的。特殊な車では内部がVになってるV型エンジン、WになってるW型エンジン、ガソリンが直接ピストン内に噴射される(直噴している)ガソリン直噴エンジン、繭形のハウジングに三角形のローターで構成される円運動を基本とした(厳密には遊星運動)ロータリーエンジン、水素を燃料とした水素エンジンや、同じく水素を燃料とする水素ロータリーエンジン、ジェットエンジン同様の連続燃焼サイクルを使うガスタービンエンジンが採用されている。

ハンドルをひねるとトラクションコントロールやサスペンション、車軸懸架サスペンション(リジットアクスル)、独立式懸架サスペンション、ストラット式サスペンション、ダブルウィッシュボーン式サスペンション、マルチリンク式サスペンション、エアサスペンションなどのサスペンションが連動する仕組みとなっている。

車輪をアルミホイールやマグネシウムホイールにはめ込み、タイヤとして地面に接触し、これが回転してステアリングしながら前進する。